トンネルの先はダリオンダリオン

トンネルの先はダリオンダリオン

「日々の妄想を深くかき混ぜてみよう」がコンセプトのぶっ飛びブログです。※純度100パーセントのカオスを配合しています。

マスダとナリタの熾烈な戦い。

とある日。

 

 

私は自分探しの旅に出た。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は一体、どういう人間なのだろう?

 

 

私は一体、この世界で何をしたいのか?

 

 

私がするべきことは何なのか?

 

 

私にできることは何なのか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「それを探し出すまでは帰らない。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな覚悟を決め、

私は長い旅に出た。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

池袋に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

長い道のりだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

長旅で疲れていたせいか車両で眠ってしまい、

私は山手線を一周した。

 

 

なかなか辿りつかない。

 

 

焦りだけが募っていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

残しておいたチョコレートも道すがら、食べ切ってしまい、

もう手元には何も食料は残っていなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このままでは死んでしまう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は自分が生き残れる道を必死で探した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

目的地までは長い道のり。

 

まだまだ辿りつきそうにはない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私はここで一つの決断を下した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう。

「途中下車」だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

苦渋の決断だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう、

こうするしか方法がなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は池袋へと続く長い道のりから、

渋谷へと進路を変更した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私がもしメロスだったら、

セリヌンティウスは何て思うだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私はセリヌンティウスへと続く道を断ち切って、

美味いハンバーガーへの道に進もうとしているのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私がセリヌンティウスなら

「ふざけんなクソが」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

…と、思ったことだろう。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも許してくれ。

セリヌンティウス

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

腹がペコペコで死にそうなのだ。

 

このままではセリヌンティウスの元へと辿り着くことができない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうか…どうか…

許してくれ…

セリヌンティウス

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

必ず戻る。

 

信じて待っていてほしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お前にもハンバーガーをテイクアウトして、

必ず戻って来る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は、

ドアの前にへばりつき、

ドアが開いたと同時に駆け出し、

渋谷の地を踏んだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

ーー3時間後

 

 

 

 

 

私は、

無事に食料に辿り着き、

再び池袋へと続く道のりを歩き出した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あと、もうすぐだ。

待っていろ。セリヌンティウス

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は滑り込んだ。

1メートルも狂うことなく綺麗に滑り込んだ。

ドアが開くと私は丁寧にその一歩を外に踏み出した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とうとう

私は池袋王国の地を踏んだ。

すでに日は暮れかかっていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は急いでセリヌンティウスの元へ向か…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

…いたかったところだが、

 

 

腹が減っては戦はできぬ。

 

 

私は渋谷でハンバーガーを食したが、

もう手元に食料はなかった。

 

 

再び食料を探さなければならない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は近くのアイテムショップで、

じゃ◯りこという名の回復アイテムを手に入れた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よし。

セリヌンティウスにはばかる敵をなぎ倒して行くためにも、

これを食べて体力回復を図ろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は池袋東口、ビッグカメラの下でHPを50回復した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ーー2時間後

 

 

 

私は、

サクッと用件を済まし、

池袋王国をあとにした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

セリヌンティウスはいなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

多分元々いなかった。

気のせいだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私の自分探しの旅は、

とうとう終わりを迎えようとしていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とても有意義な旅だった。

 

 

 

私は、

この旅で自分がどういう人間なのかを知ることができた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「思ったよりすぐお腹が空く人間」だった。

 

 

 

この旅で得られたことは、今後の生活において大いに役立ってくると思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私はこうしてホームの端で一日を振り返り、

すっきりした心境の中、電車を待っていた。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

…すると、

見慣れない人間がこちらの方にゆっくりと歩いてくるのが分かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんだ?なんだ?と思ってるのも束の間。

 

 

 

その人間は私の目をガン見しながら声をかけてきた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Excuse me、…マスダ?

…Umm…マスダ?…マスダ?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(…Oh…イキカタワカラナイテキナ?

OK、OK、ワタシオシエル。)

 

 

※以下、外人=ボブ=ボ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私「…ソーリー、ワンモアプリーズ?」

 

ボ「マスダ…マス…マスダ…」

 

私「ん?、マスダ?マスダ?…」

 

ボ「マスダマスダ。」

 

私「えっと…マスダ…」

 

ボ「マスダ。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:nakaura_gishiko:20170415012916j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私はたじろいだ。

 

彼の口からは「マスダ」という言葉しか出てこない。

何を言いたいのかさっぱり分からない。

人なのか、地名なのか、駅名なのか。

もはや、私に何を求めているのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私「…えーっと…」

 

ボ「…」

 

私「んー…マ、マスダ?」

 

ボ「マスダ。」

 

私「マスダ?」

 

ボ「yes

 

私「…え…え…マスダ…?」

 

ボ「マスダ。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

怒涛のマスダ連呼。

 

 

これがホストクラブなら絶対聞き逃すことはないだろう。

 

こんな堅い決意で「マスダ」を連呼されれば、

皆、意気揚々にシャンパンコールへ繰り出すはず。

 

私がホストなら、

本日を持って即刻クビだ。間違いなくクビ。

もう新宿界隈には近寄れない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、

これではあまりにも下積み期間が短すぎる。

私はもうちょっと人として成長したい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私「マスダ…えーと…ステーション?ステーション?」

 

ボ「Hmm…uh…マスダ…マスダ。」

 

私「ステイション?ステイション?」

(もっと発音良く”駅”を…)

 

ボ「…?…マスダ…」

 

私「マスダ…トレイン?トレイン?トレインステイション?」

 

ボ「…OK、OK。マスダ。」

 

私「OK。トレイン、トレイン、トレインステイション…

マスダステイション…

アー…ウェイトウェイト、ジャストモーメント?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は調べた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あやうくブルーハーツになるところだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

彼はマスダという駅に行きたいのだろうということにして、

アプリのNAB◯TIMEで調べた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私とボブの近くには奇跡的に誰も人はいなかった。

奇跡的にというか、怪奇的に。

 

なぜボブはホームの一番端という、日本海側の崖みたいなところに来たのだろうか。

希望など何も感じないようなところへわざわざ。

 

そして、なぜ私を見つけてしまったのか。

 

私はただ単に空いてる席に座りたかったから、

ホームの端まで歩いてきたわけだけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私がNAB◯TIMEで「マスダ」を調べると思いもよらぬ場所が出てきた。

 

 

その場所は、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

益田駅

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

島根県

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボブが島根県に行きたいわけない。

 

 

島根県民の皆さんに誤解されないように言っておくが、

今私たちがいる駅から、

ボブが、この島根県益田駅に行きたい理由は私には何も思い浮かばなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボブ。

 

 

多分あなた間違えてる。

 

 

どこかの駅と間違えてる。

 

 

私は、ボブに説明した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私「…アー…ンー…ノットマスダ。ノットマスダ。」

 

ボ「マスダ。」

 

私「ノーノーノー!ノーマスダ。マスダノー。」

 

ボ「?」

 

私「ノーマスダ。ア、エー…ウーン」

 

ボ「◯▲◇※$btg…□gpw#pa▲$?

 

私「Oh…ァ?ワッツ?ワンモア」

 

ボ「jpg%dxu?£∂mdtw

◯▲◇※$btg…□gpw#pa▲$?

 

私「…エ、ア、エー…ン?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

急に喋りやがった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボ「…」

 

私「…hahaha…(ぎこちないスマイル)」 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と、

私はここで閃く。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私「…!!!アーOKOK。ノットトレインステイション。エアポート?go to エアポート?」

 

ボ「…Well…

 

私「エアポート!エアポート。

ノットマスダ。”成田”エアポート?」

 

ボ「?」

 

私「ナ・リ・タ、エアポート。エーン…

…or  ハ・ネ・ダ、エアポート。」

(”田”がついてるから絶対このどちらかのはず…!)

 

ボ「…Umm…

 

私「OKOK。ライティングディス。ライティング。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私はボブに紙とペンを渡した。

ここにボブが伝えたいことを諸々書いてもらおうと。

 

ここまでYESもNOもほとんど言わないボブに若干の苛立ちを感じながらも、

私は本日最難関のミッションをこなしてやろうと思った。

 

セリヌンティウスへの想いが遠い昔のことのように感じた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しばらく待って、

ボブが私に書いた紙を見せてきた。

 

 

そこには漢字のようなものがこう書いてあった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:nakaura_gishiko:20170415013233j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は笑い出しそうな口元のピクつきを押さえながら、

確信した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは絶対、成田。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボブはマスダに行きたいんじゃない。

”ナリタ”に行きたいんだと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「成田」という漢字が出来上がるまでの象形文字のような文字と、

それを思い出そうとしたボブの精一杯の記憶に、

私は半分ニヤけながらも、

ボブにこれを納得させなければならなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私「OKOK!ナリタ!

ディス、ユーライティング、ディス、ナリタ。

ナ・リ・タ、エアポート。」

 

ボ「Oh…mm…

 

私「…!?…ノットマスダ。ユー go to ナリタ。ナリタエアポート?」

(何故伝わらない…!?)

 

ボ「…mm…マスダ?」

 

私「ノーノーノー!!マスダノー。」

 

ボ「マスダ…」

 

私「…」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

揺るがないマスダ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボブのマスダへの想いは確固たるものだった。

 

 

なかなか覆せない。

 

 

ボブもボブなりに”マスダ”に確信を持っているようだった。

 

 

正解を掴んだはずなのに、

これがボブに伝わらない。

 

 

自分の英語の伝わらなさ、

英語力のなさに私は愕然とした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いや…

待てよ…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

    

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これはもしかして、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

”秋田”なのか……?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう絶望的な気分だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここがもし無人島だったら確実に私たちは死ぬだろう。

 

 

きっと言語の壁は、生死を左右する原因になり得る。

 

 

私は、

この島には飲める水がないことを悟ったような気分になった。

 

 

私たちのことはどうか漂流させないでほしい。

漂流するなら違う相手とパートナーを組みたい。

 

(向こうも同じ考えだと思う)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あーだこーだ、ただのオウム返しのようなやり取りをしてる間に電車は私の前をあっという間に通り過ぎた。

 

 

まるで本当に東尋坊に立っているかのような、冷たい強烈な風を私は全身に浴びた。

 

(東尋坊日本海が一望できる断崖絶壁。”火サス”でおなじみ。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私とボブは、このホームの端で…

 

…いや、

日本海の断崖絶壁に2人取り残されている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

誰も助けに来ない。

 

 

誰か助けてくれ。

 

 

私はこの崖に自殺しに来たんではない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

電車に乗りに来たんだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

…と、

そんなことを私が考えていると、

ボブにもその気持ちが伝わってしまったのかボブが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボ「Umm、OK、OK

 

 

 

 

と、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ビックリするほど呆気なく、

私の目の前から去って行った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まるで、

「別に飛び降りるんじゃないなら、俺帰るわ。

んじゃ。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんて言われたんじゃなかろうかという、

『え?』

って思ってしまうほど、あっさりとした幕引き。

 

 

今までの粘りはなんだったんだという急転直下な態度で、

ボブは最後、

私の目を見ることなく顔を背けて目の前から一瞬にして消えた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は断崖絶壁に1人取り残された。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

遠くなっていくボブの背中を私はチラチラと見た。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボブはその内、人混みに紛れ、

米粒大の大きさになった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボブは振り向かなかった。

 

(そりゃそう)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何の壁にも阻まれないホームの端は、

風がビュンビュン吹いた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何とも言えない苦い表情を浮かべながら、

こんなところに1人立っていた私は、

電車の運転士からは、

『こいつもしかしたらホントに飛び降りるんじゃないか』

という風に見えていたりしたかもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でもこの日の私はヤワではなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この日の目的を忘れてはいけない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たしかに私は、この日、

最後の最後でボブ…

…いや、マスダに完敗した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この日の前半のくだりは何だったの?と思うほど、

無駄にHPを回復していたにも関わらず私は負けた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でもこの日の目的というのは

「自分探し」だったのだ。

 

壮大な壮大な長い旅。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私はこの日、

自分に対して分かったことがある。

 

それは、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「思ったよりお腹が空くのが早い」ということと、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ホームの端は長時間いると寒い」ということだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんなに寒いとは思わなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

電車を待っている時は、ホームの真ん中らへんに居た方が良い。

 

 

どうしても席に座りたい場合は、

電車に乗ってから先頭の車両に移動するのがベストだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これが分かったのが

この日一番の収穫だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

英語はどうでもいい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これから外国人に話しかけられたら、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みどりの窓口に案内する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それが一番良い。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも…まぁ…、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなこんなありつつも…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たまには冷たい風に当たるのも良いなと思ったりした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜなら、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホームの自販機で買ったコーンポタージュが美味しかったからだ。

 

 

 

完       ☆。・゜・

(キマった…)