トンネルの先はダリオンダリオン

トンネルの先はダリオンダリオン

「日々の妄想を深くかき混ぜてみよう」がコンセプトのぶっ飛びブログです。※純度100パーセントのカオスを配合しています。

マスダとナリタの熾烈な戦い。

とある日。

 

 

私は自分探しの旅に出た。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は一体、どういう人間なのだろう?

 

 

私は一体、この世界で何をしたいのか?

 

 

私がするべきことは何なのか?

 

 

私にできることは何なのか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「それを探し出すまでは帰らない。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな覚悟を決め、

私は長い旅に出た。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

池袋に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

長い道のりだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

長旅で疲れていたせいか車両で眠ってしまい、

私は山手線を一周した。

 

 

なかなか辿りつかない。

 

 

焦りだけが募っていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

残しておいたチョコレートも道すがら、食べ切ってしまい、

もう手元には何も食料は残っていなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このままでは死んでしまう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は自分が生き残れる道を必死で探した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

目的地までは長い道のり。

 

まだまだ辿りつきそうにはない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私はここで一つの決断を下した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう。

「途中下車」だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

苦渋の決断だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう、

こうするしか方法がなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は池袋へと続く長い道のりから、

渋谷へと進路を変更した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私がもしメロスだったら、

セリヌンティウスは何て思うだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私はセリヌンティウスへと続く道を断ち切って、

美味いハンバーガーへの道に進もうとしているのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私がセリヌンティウスなら

「ふざけんなクソが」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

…と、思ったことだろう。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも許してくれ。

セリヌンティウス

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

腹がペコペコで死にそうなのだ。

 

このままではセリヌンティウスの元へと辿り着くことができない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうか…どうか…

許してくれ…

セリヌンティウス

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

必ず戻る。

 

信じて待っていてほしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お前にもハンバーガーをテイクアウトして、

必ず戻って来る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は、

ドアの前にへばりつき、

ドアが開いたと同時に駆け出し、

渋谷の地を踏んだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

ーー3時間後

 

 

 

 

 

私は、

無事に食料に辿り着き、

再び池袋へと続く道のりを歩き出した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あと、もうすぐだ。

待っていろ。セリヌンティウス

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は滑り込んだ。

1メートルも狂うことなく綺麗に滑り込んだ。

ドアが開くと私は丁寧にその一歩を外に踏み出した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とうとう

私は池袋王国の地を踏んだ。

すでに日は暮れかかっていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は急いでセリヌンティウスの元へ向か…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

…いたかったところだが、

 

 

腹が減っては戦はできぬ。

 

 

私は渋谷でハンバーガーを食したが、

もう手元に食料はなかった。

 

 

再び食料を探さなければならない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は近くのアイテムショップで、

じゃ◯りこという名の回復アイテムを手に入れた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よし。

セリヌンティウスにはばかる敵をなぎ倒して行くためにも、

これを食べて体力回復を図ろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は池袋東口、ビッグカメラの下でHPを50回復した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ーー2時間後

 

 

 

私は、

サクッと用件を済まし、

池袋王国をあとにした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

セリヌンティウスはいなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

多分元々いなかった。

気のせいだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私の自分探しの旅は、

とうとう終わりを迎えようとしていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とても有意義な旅だった。

 

 

 

私は、

この旅で自分がどういう人間なのかを知ることができた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「思ったよりすぐお腹が空く人間」だった。

 

 

 

この旅で得られたことは、今後の生活において大いに役立ってくると思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私はこうしてホームの端で一日を振り返り、

すっきりした心境の中、電車を待っていた。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

…すると、

見慣れない人間がこちらの方にゆっくりと歩いてくるのが分かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんだ?なんだ?と思ってるのも束の間。

 

 

 

その人間は私の目をガン見しながら声をかけてきた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Excuse me、…マスダ?

…Umm…マスダ?…マスダ?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(…Oh…イキカタワカラナイテキナ?

OK、OK、ワタシオシエル。)

 

 

※以下、外人=ボブ=ボ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私「…ソーリー、ワンモアプリーズ?」

 

ボ「マスダ…マス…マスダ…」

 

私「ん?、マスダ?マスダ?…」

 

ボ「マスダマスダ。」

 

私「えっと…マスダ…」

 

ボ「マスダ。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:nakaura_gishiko:20170415012916j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私はたじろいだ。

 

彼の口からは「マスダ」という言葉しか出てこない。

何を言いたいのかさっぱり分からない。

人なのか、地名なのか、駅名なのか。

もはや、私に何を求めているのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私「…えーっと…」

 

ボ「…」

 

私「んー…マ、マスダ?」

 

ボ「マスダ。」

 

私「マスダ?」

 

ボ「yes

 

私「…え…え…マスダ…?」

 

ボ「マスダ。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

怒涛のマスダ連呼。

 

 

これがホストクラブなら絶対聞き逃すことはないだろう。

 

こんな堅い決意で「マスダ」を連呼されれば、

皆、意気揚々にシャンパンコールへ繰り出すはず。

 

私がホストなら、

本日を持って即刻クビだ。間違いなくクビ。

もう新宿界隈には近寄れない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、

これではあまりにも下積み期間が短すぎる。

私はもうちょっと人として成長したい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私「マスダ…えーと…ステーション?ステーション?」

 

ボ「Hmm…uh…マスダ…マスダ。」

 

私「ステイション?ステイション?」

(もっと発音良く”駅”を…)

 

ボ「…?…マスダ…」

 

私「マスダ…トレイン?トレイン?トレインステイション?」

 

ボ「…OK、OK。マスダ。」

 

私「OK。トレイン、トレイン、トレインステイション…

マスダステイション…

アー…ウェイトウェイト、ジャストモーメント?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は調べた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あやうくブルーハーツになるところだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

彼はマスダという駅に行きたいのだろうということにして、

アプリのNAB◯TIMEで調べた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私とボブの近くには奇跡的に誰も人はいなかった。

奇跡的にというか、怪奇的に。

 

なぜボブはホームの一番端という、日本海側の崖みたいなところに来たのだろうか。

希望など何も感じないようなところへわざわざ。

 

そして、なぜ私を見つけてしまったのか。

 

私はただ単に空いてる席に座りたかったから、

ホームの端まで歩いてきたわけだけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私がNAB◯TIMEで「マスダ」を調べると思いもよらぬ場所が出てきた。

 

 

その場所は、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

益田駅

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

島根県

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボブが島根県に行きたいわけない。

 

 

島根県民の皆さんに誤解されないように言っておくが、

今私たちがいる駅から、

ボブが、この島根県益田駅に行きたい理由は私には何も思い浮かばなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボブ。

 

 

多分あなた間違えてる。

 

 

どこかの駅と間違えてる。

 

 

私は、ボブに説明した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私「…アー…ンー…ノットマスダ。ノットマスダ。」

 

ボ「マスダ。」

 

私「ノーノーノー!ノーマスダ。マスダノー。」

 

ボ「?」

 

私「ノーマスダ。ア、エー…ウーン」

 

ボ「◯▲◇※$btg…□gpw#pa▲$?

 

私「Oh…ァ?ワッツ?ワンモア」

 

ボ「jpg%dxu?£∂mdtw

◯▲◇※$btg…□gpw#pa▲$?

 

私「…エ、ア、エー…ン?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

急に喋りやがった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボ「…」

 

私「…hahaha…(ぎこちないスマイル)」 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と、

私はここで閃く。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私「…!!!アーOKOK。ノットトレインステイション。エアポート?go to エアポート?」

 

ボ「…Well…

 

私「エアポート!エアポート。

ノットマスダ。”成田”エアポート?」

 

ボ「?」

 

私「ナ・リ・タ、エアポート。エーン…

…or  ハ・ネ・ダ、エアポート。」

(”田”がついてるから絶対このどちらかのはず…!)

 

ボ「…Umm…

 

私「OKOK。ライティングディス。ライティング。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私はボブに紙とペンを渡した。

ここにボブが伝えたいことを諸々書いてもらおうと。

 

ここまでYESもNOもほとんど言わないボブに若干の苛立ちを感じながらも、

私は本日最難関のミッションをこなしてやろうと思った。

 

セリヌンティウスへの想いが遠い昔のことのように感じた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しばらく待って、

ボブが私に書いた紙を見せてきた。

 

 

そこには漢字のようなものがこう書いてあった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:nakaura_gishiko:20170415013233j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は笑い出しそうな口元のピクつきを押さえながら、

確信した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは絶対、成田。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボブはマスダに行きたいんじゃない。

”ナリタ”に行きたいんだと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「成田」という漢字が出来上がるまでの象形文字のような文字と、

それを思い出そうとしたボブの精一杯の記憶に、

私は半分ニヤけながらも、

ボブにこれを納得させなければならなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私「OKOK!ナリタ!

ディス、ユーライティング、ディス、ナリタ。

ナ・リ・タ、エアポート。」

 

ボ「Oh…mm…

 

私「…!?…ノットマスダ。ユー go to ナリタ。ナリタエアポート?」

(何故伝わらない…!?)

 

ボ「…mm…マスダ?」

 

私「ノーノーノー!!マスダノー。」

 

ボ「マスダ…」

 

私「…」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

揺るがないマスダ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボブのマスダへの想いは確固たるものだった。

 

 

なかなか覆せない。

 

 

ボブもボブなりに”マスダ”に確信を持っているようだった。

 

 

正解を掴んだはずなのに、

これがボブに伝わらない。

 

 

自分の英語の伝わらなさ、

英語力のなさに私は愕然とした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いや…

待てよ…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

    

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これはもしかして、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

”秋田”なのか……?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう絶望的な気分だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここがもし無人島だったら確実に私たちは死ぬだろう。

 

 

きっと言語の壁は、生死を左右する原因になり得る。

 

 

私は、

この島には飲める水がないことを悟ったような気分になった。

 

 

私たちのことはどうか漂流させないでほしい。

漂流するなら違う相手とパートナーを組みたい。

 

(向こうも同じ考えだと思う)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あーだこーだ、ただのオウム返しのようなやり取りをしてる間に電車は私の前をあっという間に通り過ぎた。

 

 

まるで本当に東尋坊に立っているかのような、冷たい強烈な風を私は全身に浴びた。

 

(東尋坊日本海が一望できる断崖絶壁。”火サス”でおなじみ。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私とボブは、このホームの端で…

 

…いや、

日本海の断崖絶壁に2人取り残されている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

誰も助けに来ない。

 

 

誰か助けてくれ。

 

 

私はこの崖に自殺しに来たんではない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

電車に乗りに来たんだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

…と、

そんなことを私が考えていると、

ボブにもその気持ちが伝わってしまったのかボブが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボ「Umm、OK、OK

 

 

 

 

と、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ビックリするほど呆気なく、

私の目の前から去って行った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まるで、

「別に飛び降りるんじゃないなら、俺帰るわ。

んじゃ。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんて言われたんじゃなかろうかという、

『え?』

って思ってしまうほど、あっさりとした幕引き。

 

 

今までの粘りはなんだったんだという急転直下な態度で、

ボブは最後、

私の目を見ることなく顔を背けて目の前から一瞬にして消えた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は断崖絶壁に1人取り残された。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

遠くなっていくボブの背中を私はチラチラと見た。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボブはその内、人混みに紛れ、

米粒大の大きさになった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボブは振り向かなかった。

 

(そりゃそう)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何の壁にも阻まれないホームの端は、

風がビュンビュン吹いた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何とも言えない苦い表情を浮かべながら、

こんなところに1人立っていた私は、

電車の運転士からは、

『こいつもしかしたらホントに飛び降りるんじゃないか』

という風に見えていたりしたかもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でもこの日の私はヤワではなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この日の目的を忘れてはいけない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たしかに私は、この日、

最後の最後でボブ…

…いや、マスダに完敗した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この日の前半のくだりは何だったの?と思うほど、

無駄にHPを回復していたにも関わらず私は負けた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でもこの日の目的というのは

「自分探し」だったのだ。

 

壮大な壮大な長い旅。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私はこの日、

自分に対して分かったことがある。

 

それは、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「思ったよりお腹が空くのが早い」ということと、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ホームの端は長時間いると寒い」ということだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんなに寒いとは思わなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

電車を待っている時は、ホームの真ん中らへんに居た方が良い。

 

 

どうしても席に座りたい場合は、

電車に乗ってから先頭の車両に移動するのがベストだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これが分かったのが

この日一番の収穫だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

英語はどうでもいい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これから外国人に話しかけられたら、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みどりの窓口に案内する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それが一番良い。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも…まぁ…、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなこんなありつつも…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たまには冷たい風に当たるのも良いなと思ったりした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜなら、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホームの自販機で買ったコーンポタージュが美味しかったからだ。

 

 

 

完       ☆。・゜・

(キマった…)

女がとうとうターミネーターになる日

ねえ聞いたっ!?

みんな聞いたっ!?

 

 

 

 

  

『2065年になると女はみんなターミネーターになる』

って話聞いたっ!?

 

 

 

 

 

 

もうさ、

私ビックリちょんまげなんつってさー、

 

とうとう来たか…

とうとう来たか…

って思ったわけよ

 

ジョンコナーもおったまげーなんつってさぁー、

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だって、

全世界の女がみんなターミネーターになってみなさいよ。

 

 

とても画が耐えられるもんじゃない。

想像しただけで吐き気がする。

家出て5秒でターミネーターエンカウントとか。

 

 

いや、

自分もそのターミネーターなんだけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな映画誰が見たいんだろうか。

 

 

ターミネーターとその他の人間が、1対1の比率なんて、

もはやこの世の地獄絵図しか思い浮かばない。

 

 

ケイドロやってるんじゃないんだからさ。

もっと向こうにハンデ加えないと時間持たないって。

20分休みの間に終わっちゃう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あーあ

何これ。

 

 

どうやって私たちはターミネーターになっていっちゃうのかしら。

 

 

何か通知文書が届くのかしら?

 

 

封筒見たら

『サイバーダイン社 ターミネーター事務局』

なんて書いてあって。

 

 

 

 

 

 

f:id:nakaura_gishiko:20170415022843p:plain

 

 

 

 

 

キャェァァァアア!!!!!

オーマイガオーマイガオーマイガ!!!!!

サイバーダイン社だって!!!!

お父さん見て!!!!

サイバーダインって書いてある!!!!

映画みたい!!!!

ガチよガチ!!!!

超クレイジーなんだけど!!!!!

 

 

ってこんな胸熱な文書が、

ふっつうに日本郵便で届いたりすんのかしら。

 

 

いや…

時代はテレパシーかも。(冷や汗)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あれ…

 

 

 

おかしい…

 

 

 

何か聞こえる…

(ダダンダンダダン)

 

 

 

何か聞こえたきた…

(ダダンダンダダン)

 

 

え、何これ

(ダダンダンダダン)

 

 

ウェイウェイウェイ。

ちょっと待って。

(ダダンダンダダン)

 

 

これオープニング始まっちゃってる気がする。

(トゥルルールールー)

 

 

あれ…これ大丈夫?

スポンサー的に大丈夫?

(ダダンダンダダン)

 

 

まだ私台本覚えてないし。

(ダダンダンダダン)

 

 

っていうか台本もらえてない。

(ダダンダンダダン)

 

 

なんなら、何も話聞いてない。

(ダダンダンダダン)

 

 

…ウェイウェイウェイ!!!

ちょっとストップ!!!

一回止めて!!!

(ダダンダンダダン)

 

 

…………………。

 

 

…………………。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずさぁ…、

 

 

ギャラのこととか事務所通してもらわないと。

私まだ何も聞いてないんだよね。

 

 

そこしっかりしないと、オファー受けれないっていうか。

 

 

出る気はあるんだけど。

 

 

…うん。

よろしく。

 

 

…………………。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いやいやいや…焦る焦る。

こんなこともあんのね。

 

 

 

 

 

で、

話戻すけど、

 

 

もし、文書で通知が届いたとして、

その封筒ハサミできれいに切るじゃない?

中から文書取り出してさ、

一体なんて書いてあるんだろうね?

 

 

『◯◯年度、ターミネーター付け替え、及び埋め込みテスト実施のお知らせ』

なんて書いてあるんだろうか。

 

 

それとも

マンモグラフィー検診の通知書みたいに

淡いピンクがかった無料のクーポンなんかが入ってたりするのかしら。

 

 

上の文書だとガクブルだけど、

下だとまだ安心感はある。行きやすい。

気軽に行ってみよっかなってなる。

是非下のやり方にしてほしい。

 

 

まぁこんな感じでフィッティングなんかが進んでいくんでしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でもさー

 

 

ちょっと気になることない?

 

 

やっぱり女はアレ気になるじゃん?

”アレ”。

 

 

そう!

”オシャレ”!!

 

 

フィッティングしに行ったはいいけど、

なんかみんな同じような感じで個性潰れるっていうか。

 

 

いくらターミネーターになれるからって、

超最強のハガネの肉体になれるからって、

シュワちゃんにはなりたくないもの。

 

 

うん…

シュワちゃんはちょっと…って思ってる人多いと思う。

 

 

私もシュワちゃんは嫌。

ミラジョヴォヴィッチがいい。

 

 

あ、でも戦闘系以外でもいいなら、

クリステンスチュワートがいい。

 

 

もう、どうせアンドロイドなんだから、

着せ替え人形的な考えでいいと思う。

 

 

でももっと細かいところこだわるなら、

例えば泣きぼくろ付けたいだとか、

下半身だけウサインボルトモデルがいいだとか、

そういう場合ってどうすんの?

 

 

どこでカスタムしてもらえばいいんだろ?

パーツとか配線とか自分で用意しなきゃいけないの?

amazonで買える?

 

 

なんか色々難しそうよね。

 

 

 

いやーでもホントにさ、

人間がターミネーターになるなんて一体どういう感覚なんだろうね?

 

 

『私以外私じゃないの』

って感覚は薄れるわけでしょ?

 

 

自我に目覚めても、

自分が自分じゃなくなるだなんて、

世紀末にもほどがあるわ。

ゴールデンレコード積んだあのボイジャー1号ですら、聞いたら多分ビックリして軌道から逸れちゃうと思う。

 

 

いくら不死身になったってさー

感情が薄れたり狂ったりするなら、

生き続ける意味、存在し続ける意味なんかないよね。

 

 

NASAや地球目線の壮大な見方だったら意味あるのかもしんないけど、

「自分が生きる意味」に絞って考えると、

こんなになってまで存在し続ける意味ってないっていうか。

 

 

 

あー

怖い怖い。

 

 

2065年まであと48年か…

 

 

私はもう75歳になってる。

 

 

いや、なってるのかね。

 

 

 

 

 

え?

何?

 

 

 

 

 

 

お前勘違いしてるって?

 

 

 

 

 

 

 

『2065年になっても誰もターミネーターになんかならない』って?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うん。

 

 

 

 

 

 

知ってる。

 

 

 

 

 

 

知ってた。

 

 

 

 

 

 

ウソついた。

 

 

 

 

 

 

 

話盛って、

ターミネーターになる』ってウソついた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ごめん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

謝る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本当は、

『2065年の日本の女性の平均寿命は91歳』

ってのが本当の話。

 

 

 

 

 

 

面白そうだから、

話盛りすぎてターミネーター登場させちゃった。

 

 

 

 

 

でもさ…

 

 

 

 

 

ちょっと怖くならない?

 

 

ターミネーターってのは最上級の表現なんだけども、

 

 

技術がもっと発達していったら、

もしかしたら人間はだんだんターミネーターみたいに近付いていくんじゃないかなんて思ったりすんのよ。

 

 

平均寿命が91歳にまで延びるってのは、

これはもうターミネーターへと変化をとげる前兆なんじゃないかって思ったりする。

 

 

人工的に寿命を延ばす段階に入ってるっていうか。

 

 

平均で91歳って凄い値だよ!?

”平均”よ!?

 

 

上には上がいるってもんで、

平均91歳なら、

MAXなら140歳ぐらいまで生きるって人、

絶対出てくるからね。

 

 

「どうする?100でとりあえずゲームクリアにしておいて、

記憶保ったまま、またマサラタウンからやる?

今度はヒトカゲじゃなくてフシギダネ選んでいいから」

 

 

って言ってあげたくなるぐらい、

もうなんもやることないよ。

 

 

「それかー、このパーティそのまま連れて金、銀入っちゃおう。

ジムリーダーに話通しておくから。」

 

 

っていう前代未聞のバグかますか。

 

 

 

 

 

 

 

 

定年してからどんどん辛くなるよ。これじゃあさ。

 

 

正直な感想だけど、

私はこんな長生きはしたくないかなー

 

 

人生短いから、

やり甲斐や生き甲斐ってのが出るわけで。

 

 

人生儚いから、

物事に価値があるわけで。

 

 

口悪くなるけど、

死に損なうとひねくれて人格悪くなってしまいそうというか。

 

 

だって、その間に人生についての考えが、

1周も2周も3周もしちゃうわけでしょ?

これでもし、ひねくれちゃったとしてももう何も言えないわ。

しょうがないよねと言うしか。

 

 

私的には人生50歳まででいい。

そしたら残りの年月余計なこと考えないで謳歌できる気がするの。

 

 

老後を考えるから、

老後は長いと見据えてしまうから、

生きるのが怖くなる。

 

 

長生きばかりが良いことではないと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あーあ 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうすっか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

寝れなくなった

もっと細胞まかせにしてもいいと思うの。

よく、

"好きになる気持ちに理由はない"と言うけれど、

理由がないなんてわけないわけ。

 

ソンナワケナインダカラナイナンテナイワケ。

 

そんなのナイナイナイ♪発芽米♪なんてわけはないわけ。

(”古っ”って思ったりしたらもう読まなくていいです。ええ。もう読まなくいいです。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

…さぁ問題です!

正しいのはどれでしょうか?

 

1、ないなんてわけない。
2、ないなんてわけないなんてない。
3、ないなんて…ワッ……毛ない…!!(驚愕)
4、ないなんてわけないなんてことはない。

 

正解は…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

…なわけないから、

1が正解でーす。

 

 

 

「誰がクイズにしろって言ったんだよ。」

 

「誰も言ってねえよ。」

 

「ほ、ほら汗、こ、子どもたちも見てるかもしれないから…」

 

「そうよ、お、…落ちついて!」

 

 

 

なんてやり取りは、町内の子ども会の有志の方々に任せておくとして、

 

 

人を好きになる気持ちに理由がないわけないの。

 

 

だって好きになるのに理由が無かったら、
細胞の存在というのを全否定することになる!!!!!

 


(ヤバイんだってこれは。

細胞を全否定したら人間が生まれてくるのは神様が操作してることになってしまうし、

何より世界各国の行事やイベントがこれから本気出して神様の取り合いをするようになるだろうから、

神様の人手不足になって違う星からも神様を派遣して来なければいけなくなってしまう。

ボイジャー1号ですらまだ地球外生命体を見つけられてないのに、

他の星の神様を地球に派遣だなんて無理にもほどがあるってわけ。)

 

 

人を好きになる時、自分ではよく分かっていないから、

好きになるのに理由はないなんて思ってしまうのかもしれないけど、

細胞レベルではきっと色んなきっかけを微弱に察知してて、

それで細胞は私たちに分からずとも体内で変化を見せてるはずなの。

 

 

自分が分からなくても細胞は知ってる。

 

 

 

「何調子こいて言ってんだよ。」

 

「イイ女のフリしやがって。」

 

「『35臆』なんて言い出すんじゃないんだろうな?あぁん!?」

 

 


なんてやり取りは、残業続きで疲れて寝っ転がってテレビ見ながら独り言を発しているオジサンたちに権利を譲渡するとして、

 


たしかに私はイイ女じゃない。
なわけない。
こんな文章を垂れ流し書いている時点で、
イイ女なわけあるまい。

 

 

あるまい。
ある米。
発芽米。

 


私の実物を見たら、寝っ転がってるオジサンたちも納得してこの怒りを同情に変えてくれるはず。
「これですっきりするなら書けばいい。」
「なんならウチで一杯やってくか?」なんて声が上がることを待ち望みたい。

 


…というわけで先立って勝手に未来で了承を得てきたから、そのままイイ女のフリをして書きたいわけだけども、

 


人を好きになるのに理由ってのは、自分では分からなくても絶対あるはずで、
体の中ではその「好きになっちゃうセンサー」ってのが35お…いや、そんなにないか。
個人差はあるだろうけど数十個〜数百個ぐらいは設置されてると思う。

 


で、このセンサーに引っかかると、

細胞はレバーを押して『スキ』『スキ』ってライトをピコピコ点滅させて、

席を外して第二段階の職務に取り掛かる。

 


担当はこと細かに分かれていて、

例えばどの人間の体にも設置されてるであろう部門で「外見部」。

 


「外見部」は花形部門で、いつどこでもせわしなく仕事をしてる。

外見部は主に「髪課」「目課」「身長課」なんていう部署を抱えていて、この部署内で様々なセンサーを担当している。

 


髪課だったら、”ツーブロック”、”坊主”、”きのこ”なんていうセンサーがあったり、
目課だったら、”末広二重”、”奥二重”、”三白眼”などというセンサーがあったりする。

 


今挙げた外見部では、比較的分かりやすい部署とセンサー名を紹介したけど、
もっと珍しい部署のセンサーになると、
「仕草部口元課、”舌ペロ3秒”」
「嗅覚部香水課、”柑橘系強め”」
みたいなセンサーがあったり、

 


さらに特殊になると、例えば、
Aさんなら、
「仕草部手課、”Enterキー、ッターン!!”」
Bさんなら、
「性格部不器用課、”缶切りをする時いつも指を切っちゃう”」
Cさんなら、
「食事部取捨選択課、”パセリ絶対食べる”」

 

 

 

 

f:id:nakaura_gishiko:20170415022654p:plain

 

 

 


みたいな、いつこのセンサー点滅するんだろうか…?
…いや、そもそもなんでこのセンサー設置されたんだろうか…?
ってか、このセンサー担当してる奴給料泥棒じゃね?

 


なんて思ってしまいたくなるような真意不明のセンサーなんてのもあったりする。

 


「こんな特殊なもん持ってる奴は変態だろ」と思ってしまうかもしれないが、

この特殊なセンサーこそが、人を好きになるということをひも解くに当たって重要になってくる部分で、

実はこの特殊なセンサーというのはどの人間にも組み込まれていたりする。

 


特殊な部署やセンサーは、外見部みたいな花形部署に負けず劣らず、

日々大事な職務をこなして、その人の「好き」の創出を支える縁の下の力持ちになっている。

 


人を好きになったはいいけど、なんで私この人のことを好きになったんだろう?と思っている人は、

自分の中に組み込まれた数百個とある中の、こういう特殊なセンサーの存在や名前を多分知らないんだと思う。

 


メジャーな部署に比べて、あまり目立たずコツコツと地味な仕事をこなしているから、

日々の生活の中では、なかなかこの特殊な部署やセンサーの存在に気付かないだけで。

 


だから、誰かを好きになっている時っていうのは絶対何か理由があるはずで、
それも「顔がタイプ」だとか、「自分に優しく接してくれたから」だとか、そんな単純なものではなく、

自分では気付かないもっと複雑な何かが噛み合って、人は誰かを好きになってる。

 


でもこの、特殊なセンサーの存在があることを理解したとしても、

注意深く「好き」を掘り下げたところで、

結局のところはやっぱりみんなこのセンサーの名前を見つけることはできないんだよね。

 


特殊部署のセンサーは、数ある部署の中でも機密プロジェクトなのかもしれない。

 


だからね、
本当につくづく人を好きになるって不思議な反応だと思う。
頭の中では一体どうなってんだよと。
まったく…難解に作ってくれたもんだわ。

 


そして、やっぱり思うのは、よく聞くセリフで、
「他にもイイ人いるよ」ってセリフ。
たしかにそれは正しい。
…でも、その人の”イイ”はその人だからこそであって、同じ”イイ”を他人で得ることはできないんだよね。

 


あと「恋は錯覚」ってやつもそう。
私の理論から言うと、決して錯覚にはならないもの。

 

 

 

「私の理論ってなんだよテメエ。研究者の真似事でもしてんのか!?あぁん!?」

 

「ほら…!もうちょっとお父さん飲みすぎよ汗」

 

「うるせえ!!…黙ってろ!!…お前はなぁー…お前はなぁー…毎日大人しく俺の言うこと聞いときゃいいんだコノヤロー」

 

「そんなこと言うなら、もうお夕食作りませんよ?」

 

「………………。」

 

 


なんていう面倒くさい酔っ払いのオジサンのお相手はそのままやり手の奥様にお任せするとして、

 


もうね、本当にね、闇 笑。

 


理屈や自分では分からなくても、

頭のどっか、どっかのセンサーっていうのはこれを分かってるっていうもんだから、

色々矛盾が生じてバカみたいに悩んだりする。

 

 

はたから見れば、

「アイツなんでこんなに悩んでんの?」ってうすら笑いされるぐらい、バカみたいに悩んだりする。
泣きすぎて翌日から「ダムの放流」なんていうあだ名がつけられてしまう人間もいたりする。

 


(決して私のことではない。神様に誓ってもいい。

いや…、いつか神様を見つけてくるかもしれないボイジャー1号、及びNASAに誓ってもいい。)

 


とりあえず、これをよく踏まえた上で、
深みのある恋愛をしたいわよね。

 


その人の”イイところ”ってのは、いくつも眠ってるはず。

 

 

だから、好きっていう気持ちは、理屈で処理しようとしないで、

やっぱり本当は体内のセンサーの統括者に任せるのが良いんじゃないかなって思ったりする。

 


大人になるとさ、よく理屈で考えがちじゃない?

「収入はどうだ」とか、「職業は何だ」とか、「家柄はどうだ」とか。

 


多分みんな”結婚”したいからこう考えるんだと思うけど。

 


”恋”じゃなくて”結婚”になると、女は急に世間体を気にし始めたり、

この相手を選ぶことで、自分が難なくこの世界を生き残れるかっていう、

相手よりも自分の生存を天秤にかけたなんとも自己中心的な考え方をしたりする。

 


(よくさー、無人島に持って行くなら何持ってく?なんて話ししたじゃん?

ね!したよね?私たち!!

あの時のサバイヴな気持ちみんな忘れたわけ?って私言いたい。

相手に寄りかかるんじゃなくて、自分で生きようって気はないの?ってさ。

…え?何?…お前は何持って行くんだよって?

私はー…んー…携帯電話かな。

もうね、

目にも留まらぬ速さで、

119番かける。)

 


どうしたら長く生き抜けるかより、
どうしたら濃い一瞬を過ごせるのかっていうのを考えるなんてのは邪道なんだろうか?

 


両方あるに越したことはないんだけどさ、
自分がもし死にそうになって今までを振り返る時、記憶の何を辿るかって、

なんとなく生きた時間じゃなくて、”一瞬の濃い時間”っていうのが強烈に記憶の中に呼び醒ませられる気がする。

 


今感じている素直な気持ちを大事にしないで、

周りに諭されたような理屈を選んで生きてしまうと、

なかなかこの濃い一瞬っていうのは生まれないんじゃないかなっていうか。

 


なんか全校集会の時の校長先生の長話みたいに無駄に話が膨らんでしまってるわけだけども、

 


だから私は無理して結婚するぐらいだったらしなくてもいいというか、
いやね、もちろんそういう方が現れてくれたらそりゃあしたいけれども、
無理してする必要性を感じないんだよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うん。

そう。

 

 

多分ね、
私、
かなり影響受けてる。

 

 

恋愛漫画や恋愛小説とやらに。

 

 

まんまとフィクションに溺れちゃってる気はしてる。

溺れてるというかむしろ、

タイタニック号みたいにロマンと一緒に沈んじゃってる。

 


でもいいのよ。フィクションでも。
人が考えることって現実になるって言うじゃない?
じゃあすでに現実ってことにもなるからね(?)
これウォルト・ディズニーが言ってたから大丈夫。
私調べ。

 


だから私はこういうの

 

 

大事にしたいぃぃいい!!!!!

 

 

と思っちゃう。

 

 

 

 

 

 

いわゆる、

「行き遅れる」ってきっとこういうことだと思うんだけど、私全然気にしない。

 

 

寝てる間におでこに太マッキーで「肉」って書かれても気にしないし、
なんなら瞼に漫画タッチのキラキラした目を書かれて、それで山の手線に乗っても多分気にしない。
…た、多分気にしない。

 

 

これを耐えられるんだからね!!

結婚なんかしなくたって全然平気なのよ!!

 

 

 

だから、大丈夫!!

 

 

うん、大丈夫!

 

 

ホントに全然大丈夫!

 

 

 

 

いやいやホントに大丈夫だって…!

 

 

 

 

 

 

 

 

ホントにホントにホント。
全然大丈夫。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハハハー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だ、だいじょうぶよ…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぜ…ぜんぜん大丈夫なんだから…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぜ…ぜんぜん…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うん…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぜんぜん…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


(ダム決壊)

人生に迷って色々考えてみた結果。

 

f:id:nakaura_gishiko:20170415022428p:plain

 

色々考えてみたんだけど、

 

 

やっぱりね、

 

 

人生何が大事かって、

 

 

「根性」なんだと思う。

 

 

やっぱり人生には根性が大事なのよ。

 

 

 

 

ビールが飲みたい時、廊下を歩きたくなくても冷蔵庫の前に辿りつけるように、

ほふく前進の練習をしておくのも根性だし、

 

6Pチーズが食べたい時、廊下を歩きたくなくても冷蔵庫の前に辿りつけるように、

ほふく前進の練習をしておくのも根性

 

シャンプーが減ってきた時、薬局に買いに行かなくてもシャンプーの容量が増えるように、

ボトルに水入れてシャカシャカ振っとくのも根性だし、

 

リンスが減ってきた時、薬局に買いに行かなくてもリンスの容量が増えるように、

ボトルに水入れてシャカシャカ振っとくのも根性

 

扇風機のスイッチを入れる時、足伸ばしてボタンを押してしまいたくなってしまうけど、

そこはまるで旅館のベテラン女将のように足を揃えてゆっくりとかがみ、

「失礼致します  ポチッ。」と手を優しく添えてボタンを押すようにするのも根性だし、

 

夜寝ている時、寝相が悪くなって布団から足を投げ出して股開いて寝たりしないよう、

寝る前は自分が病院の大部屋に入院していて、

朝イケメンの看護師が回診に来るという妄想を充分にして、

眠りにつくようにするのも根性

 

いつ何時に急な宅急便が来ても、

インターホンでワンオクターブ高い声が出るように、

朝起きたら、

「ハーイ、ぼくミッキー!」

って繰り返し発声練習しておくのも根性だし、

 

いつどこで靴が汚れるか分かんないから、

毎日長靴を履くようにするのも根性

 

毎朝朝食を食べる時、心から美味しいと思えるように、

三ツ星レストランで修行を重ねておくのも根性だし、

 

トイレの電球を変える時、天井まで体を浮かせられるように、

毎日宇宙パワーを呼び寄せておくことも根性

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やっぱり「根性」さえあれば人生大抵のことは乗り越えられるんじゃないかって。